独自の関数を書く

Gnofract 4Dに付属のフラクタル関数に飽きたら、独自の関数を書いてみましょう。あるいは多くのフラクタル愛好家が書いた何千もの数式も利用できます。Gnofract 4Dは、Fractint用に書かれた数式(とUltraFractal用の一部)を読み込むことができます。ただコンパイラがFractintに完全には下位互換でないため、残念ながらいくつかのフラクタルは読めなかったり、違う描画になったりします。Gnofract 4DはFractintにはないコンストラクトを多数サポートしていますので、もしGnofract 4Dで作成した式をFractintでも使いたい場合は、十分注意する必要があります。

< 数学について 数式言語リファレンス >